雑記

読切小説
[TOP]
願い
 今年も天気悪そうね。
 毎年、毎年、私の誕生日は天気が微妙な日が多い。
 彦星と織姫がデート出来ないのは全く気にしてないんだけど、折角、時間を開けてくれている彼のデートが雨かも知れないと考えると、憂鬱になる。
 彼を好きになるまで、厄介なものとしか思えなかったこの感情。
 でも、今はこの感情も愛おしい。彼が好きだから生まれる感情だし、たぶん、この感情も含めて彼は好きでいてくれてると思うから。
 神なんて、私は信じないけど、願いをかける。
 晴れにしてとまでは言わないから、土砂降りだけはやめて。彼と二人きりのデートで思い出すのが大雨というのは少し悲しいから。

END
10/03/17 22:53更新 / 旧作品集

■作者メッセージ
亜衣より
 紐緒さんの誕生日記念SSです。
 誰のSSかわかってもらえなかったことに少しショック受けています。
 わかりにくかったですかね(*_*;

↑書いたときの後書きです。
付き合っている頃の旦那に言われたんですよね(^_^;)
もう少し鍛錬したいと思います。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.34b
上へ