雑記

読切小説
[TOP]
最後の戦いへ
 人間の欲によって失われたロザリーの命。
 それを招いてしまった迂闊な私の行動。
 嘆きを喜びに変えるため、1000年に一度だけ咲くという世界樹の花を、世界樹まで取りに行くことにした。
 咲いていない可能性が高いと思う。けど、可能性にはかけたい。
 それが私のできる唯一の事だから。

 願いが通じたのか、咲いていた世界樹の花。
 早速、ロザリーの墓に花をささげると、奇跡は起こった。
 喜ぶ村人をおいて、ロザリーは私と旅立つことを選択した。
 愛するピサロを絶望の淵から助けるために…。

 向かったピサロの居城。
 悪魔の姿になり果てていたピサロの姿が、ロザリーの愛によってもとに戻った。
 そして、私と旅立つことになった。真の敵を倒すために…。
 思わぬ展開に驚く仲間たち。
 けど、真の敵を倒さなければ、世界に平和は訪れない。
 だれもそれがわかっているから、反対はしないし、させない。
 平和を取り戻すため、私たちは戦う。
 そして、取り戻したら、どうするんだろ。
 元の生活にといっても私には元の生活の場がない。
 まあ、戦いが終わった後に、考えればいいと考えを改め、最後の戦いの場所に向かった。

END
10/03/29 19:13更新 / 作品集

■作者メッセージ
 PSから採用されたDQ4、六章のSSです。
 ピサロは強いんで、好きですね。
 仲間にするまでが大変でしたけど(-_-;)
 幸せになってほしいなと思います。


実はDS版はクリアできていません(^_^;)
PS版はちゃんと隠しボスまでいったんですけどね(^_^;)

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.34b
上へ