雑記

連載小説
[TOP]
たとえばこんな御伽噺…
”お昼のニュースです。
 きらめき市にある伊集院邸では、今年も御曹司の誕生日が盛大に行われ、数多くの人々がお祝いにかけつけました。
 色んなプレゼントの中でも、時価一億はすると言われている時計が注目を浴び、身に着けた御曹司が訪れる人々に、見せていました。
 それがこの時計です。”
 時計の写真が画面に大きく映った時、おなじみのハーモニーが伊集院家をこだました。
「ほしいんですの〜」
「あれはあの子の誕生日プレゼントであって…」
「ほしいんですの、ほしいんですの」
 二人の母親に迫られた玲は
「わかりました。盗ってきますね」
といつものごとく答え、予告状をこしらえだした。
 それが、TVに映っている幸せそうな18歳の男性の運命を変えることになるきっかけになるとは、思わずに…。
 予告状をこしらえた玲はすぐに投函へと向かい、その足で下調べにも向かった。
始まりのとき10/03/29 19:42
運命の対面10/03/29 19:43

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.34b
上へ