雑記

連載小説
[TOP]
真夏のシンデレラ
 俺は吉野悠。きらめき高校の三年生だ。
 詩織に相応しい男になるため、今まで自分を磨いてきたんだが、今ではそれは二の次となっている。
 詩織の事を嫌いになった訳ではなく、ただ、彼女より気になる存在が出来たのだ。
 その存在とは、伊集院レイ。俺の日常生活から、生活環境に至るまで全ての事に嫌味を言ってくる男だ。
 何故、そんな奴の事が詩織よりも、気になるのか、実は俺自身もわかっていない。
 ただ、あいつの言動全てが気になって、仕方がないのだ。
 そんな自分に、
(俺はホモになったんだろうか)
と思った時もあった。
 が、そんな事を考えても、今更あいつが気になるという事実がなくなる訳ではない。
 考えるのをやめるかわり、バスケ部のインターハイ出場、優勝にむけ、クラブにうちこむ事にした。
 そのために、女の子からのデートの誘いを断ったために、自分の悪い噂が流れているのも、知らずに。
 そして、女の子達の俺の評価が最低になった時、高校最後の夏がやってきた。
合宿10/03/17 18:03
誕生日パーティー10/03/17 18:06
真夏のシンデレラ10/03/17 18:08
彼女の影10/03/17 18:08
卒業式10/03/17 18:09
エンディング10/03/17 18:11

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.34b
上へ